私の閉経はすっぱりとある日突然止まってしまった、というような感じ

私の閉経の体験談


私は55歳になるフォトグラファーです。

私は生理があっていた頃は、カレンダー通りでとても正確で毎月、きちんときていました。

生理不順ということは全くなくて、生理痛もほとんどなくて、割と楽な方でした。

閉経前になると、それまで正確だった生理の日がずれるようになってきて、変だな、と思っていました。

それで、そろそろ閉経なのかな、と友達と話したりしていたのですが、友達は閉経する前にものすごく出血した、と言っていたので、私もそうなのかな、と思っていました。

ですが、すっぱりとある日突然止まってしまった、というような感じです。

それまで、私はおりものが多い方だったので、パンティーライナーが欠かせなかったのですが、おりものが出なくなって、パンティーライナーが必要なくなったことが嬉しかったです。

下着が汚れなくなって、洗濯がとても楽になりました。

精神的には生理がなくなって女性としての役割が終わったのだな、というような気持ちがありましたが、私は見た目が若いので、老け込んだような気分にはなりませんでした。

ただ閉経前後には寝汗をすごくかいて、今でも時々起こるのですが、眠っている間に物凄く汗をかくのです。

閉経前にはそれほど気になるようなことはなかったのですが、閉経する頃から閉経後になったら寝汗がすごくて大変です。

まだ更年期の最中なのかもしれませんが、暑くもないのに、冬なのに眠っていると汗をかいて目がさめることが度々あります。

閉経してからは、ナプキンを買わなくて良くなったので、経済的になりました。

それに、サニタリーショーツも用がなくなったので、全部捨てました。すっきりとしました。

子供を作ることがないのなら、生理は面倒なもので、生理用ナプキンを持ち歩いたり、交換したりするのが大変です。

私はカレンダー通りで生理があったので良かったのですが、友達などは生理不順でいつくるかわからないので、いつもナプキンを持ち歩かねばならないと嘆いていました。

生理前になると乳首が痛くなっていたのですが、閉経してからはそういうこともなくなって、すごく楽になりました。

おりものが出なくなったことが一番嬉しいことです。下着が汚れないので、真っ白なショーツが履けます。




閉経は想像以上の体へのダメージあり 不眠、むくみ、落ち込み、号泣……